HOME>オススメ情報>圧着ハガキを利用するために知っておくべきこととは

圧着はがきとは?

圧着ハガキとは二つ折りの葉書であり圧力で接着されたものです。いったんはがすと再び貼り付けられないため、プライバシーが保護されます。

圧着はがきの印刷を業者にお願いするときの手順

見積もりを依頼・注文する

枚数、仕上げタイプ等を決め見積もりを依頼する。

依頼するデータを入稿する

入稿データと仕上がりイメージの2つを提出する。

納期指定と印刷・加工

入稿から納期までの期間指定と料金の確認をする。

圧着ハガキの発送と受け取り

発送時期と配送先の指定、受け取り対応をする。

製品代金の確認と支払い

配送料と代金の確認と指定方法で支払いをする。

印刷だけから発送まで依頼できる

広告

企業のPRや販促、それに銀行などの情報発信のためによく利用されるのが圧着ハガキです。個人情報が記載されている場合でも、圧着ハガキを利用すれば情報が外部に漏れることもありません。業者に依頼すれば大量印刷の後に圧着で密閉し、そのまま顧客の下へと発送することができます。利用方法は様々で、印刷だけを依頼して、発送は自社で行うという方法も選べます。便利なのは、印刷から発送までを一括で業者に委託する方法です。

入稿の時間指定厳守で当日発送も可能

フライヤー

印刷業者によって入稿の制限時間が設けられています。その入稿時間を厳守し、きっちりとデータを入稿することで、当日印刷から発送までを委託することができます。急ぎの案件のときでも入稿時間さえきちんと守れば、当日にDM便で圧着ハガキの発送を依頼することができます。店舗のバーゲンセールやキャンペーンに合わせた入稿は、できるだけ時間の余裕を持ってデータを投函することです。最近では、データの投稿はネットで一括で完了することができるので、手間がかからなくなりました。圧着ハガキのデザインはV型やZ型が定番ですが、予め打ち合わせをすれば変形のデザインでの圧着ハガキを依頼することも可能です。投函時間を厳守することです。

広告募集中